特定非営利活動法人 患者のための医療ネット(PMネット)

           2007. 1.6 更新    リンクについての方針はこちら
since 2002-08-09

*Patient-oriented Medicine NET ないし Patient-centered Medicine NET の意味で、略称は、PMネット です。
*特定非営利活動促進法(NPO法)に基づく特定非営利活動法人(NPO法人)として、2002年12月24日付で、東京都により認証され、2003年1月15日に設立の登記が行われました。
現在の会員の概況については、左をクリックしてください。
*会員の利益を図ることを直接の目的にしていませんが、会員になると、後記のpm-isによるさまざまな情報の入手、MWS(会員著作等についてのサービス)、IIS,各種の情報交換・意見交換などの点でメリットがあります。


<主要目次>
趣意書
活動
定款 
役員など紹介
Q&A

医療事故ホットメール

患者用マニュアル

入会案内
入会申込書フォーム

PMブック・レビュー

医療事故部会
 部会紹介
 基礎資料紹介

出産事故部会
 出産事故ネット(OSAN)
 周産期事故判例
 分娩監視 −医学的知見

医療の質部会
 部会紹介
 基礎資料紹介

患者の権利部会
 部会紹介
 基礎資料紹介

連絡先
 以下の順に便利です。
 目下,事務が輻輳しておりますので,早急な対応は困難な場合があります。


 (1) Eメール
 pm-jimu3*@yahoogroups.jp
★@の前の*を削除したものが正しいアドレスです。

 (2) 郵便
  〒102-0083 東京都千代田区麹町6-6-1 麹町長尾ビル5階 プライム法律事務所内
  NPO法人 患者のための医療ネット 

 (3) 電話
  03-3221-0355
 (平日 14:00-15:00のみ)
  当面,伝言のみとなります。

<会員専用>
イフ・アイ・サービス(IIS)

会員専用ページ
(IDとパスワードが必要です。))
  NEW!
PMセミナー「患者のための医療を求めて」 2006. 12.23更新
公開セミナーです。どなたも参加できますが、資料の準備などの都合がありますので、事前の参加申込みをお願いしています。
詳しくは、http://www.pm-net.jp/seminar/をクリックしてください。

 (終了分)
 第1回 医療事故から考える 2003.5.31(土) 
 第2回 消化器・外科医療から考える 2003.6.27(金)
 第3回 大学病院の問題を考える 2003.7.18(金) 
 第4回 循環器医療から考える 2003.9.20(土)
 第5回 医療過誤裁判から考える 2003.10.24(金) 
 第6回 カルテ・レセプト開示から考える 2003.12.13(土)
 シンポジウム 医療を良くするために −がんと心臓病 2004.1.17(土)
 第7回 生活習慣病(主として糖尿病)の医療から考える 2004.3.12(金)
 第8回 ドイツの医療を参考に日本の医療を考える 2004.5.14(金) 
 第9回 新生児医療から考える 2004.7.16(金)
 第10回 がんの病院別「生存率格差」を読む 2004..10.2(土)
 シンポジウム 医療事故から学ぶ 2004.11.13(土)
 第11回 救急医療から考える 2005.1.28(金)
 第12回 手術と麻酔から考える 2005.2.26(土)
 シンポジウム 小児医療を考える 2005.5.4(水)
 第13回 あなたが医療事故にあったら・・・ 2005.5.20(金)
 第14回 医療の闇を追って −社会的弱者の視点から考える 2005.7.29(金) 
 第15回 都立広尾病院医療過誤の経過報告と提言 2005.11.4(金)
 第16回 
医療事故を、なぜ、報道するのか 〜メディアが伝えたいこと 2005.11.18(金)
 第17回 
医療事故の解明と解決に向けて 〜患者参加と無過失補償制度の可能性 2006. 8.5(土)
 第18回  米国リポート:医療の質・安全の改善状況〜日本への教訓 2006.10.20(金) 

●患者用マニュアル 2003.10.26掲載
 
医療を受けるにあたっての患者用マニュアルです。随時改訂していきます。
 http://www.pm-net.jp/pt_man/
をクリックしてください。

●PMブック・レビュー 2004. 1. 3更新
 「患者のための医療」に関する書籍等の書評等を掲載しています。
 http://www.pm-net.jp/bookr/をクリックしてください。


医療事故ホットメール 2003.8.25開始
 「医療事故にあった直後の応急対応用」の電子メールです。
 詳しくは、http://www.pm-net.jp/jiko-hot.htmをクリックしてください。
 ★毎日新聞(2003.8.25、9.16)、ニッポン消費者新聞(2003.8.26、9.1)、読売新聞(2003.9.6、9.12)で報道されました。

PMネットの意見
 ◆
薬剤ミスを防止するための提言 2003.10.31
 ◆「弁護士報酬の敗訴者負担の取扱い」についての意見書 2003.8.29
 ◆「診療情報の提供等に関するガイドライン(案)」に関する意見 2003.7.14
 ◆木村義雄厚生労働副大臣の不適格性に関する意見書 2003.4.28 
 ◆医療事故報告制度に関する意見書 2003.2.24
 ◆「医療保険制度の体系の在り方」「診療報酬体系の見直し」について(厚生労働省試案)の意見 2003.1.31
 ◆臨床研修に関する意見 2002.11.20

趣意書

 人は皆、医療を受けるときがあります。そして、医療は、何よりも患者のために行われるべきであり、医療にあたっては患者の正当な利益(権利)が尊重されるべきです。特に、安全で質の良い医療を受ける権利、自己決定を行うための情報を得る権利などが重要です。
 しかし、日本の医療の現状では、真の患者のための医療、患者の権利を十分に尊重する医療が実現されていない点が多々あります。そして、将来患者になりうる市民の医療に対する正当な期待や要求が尊重されていない面があります。
 私たちは、医療事故の防止・救済に関する課題、医療の質の改善に関する課題、診療情報の開示、患者の自己決定権の尊重、患者のプライバシーの確保など、患者の権利ないし患者になりうる市民の人権に関する課題などについて、調査・研究等を行い、それを踏まえて、提言等を行っていきます。
 また、患者が医療を受ける際に参考になる資料等の作成や発表、研究会・セミナー・シンポジウムの開催、その他さまざまな方法による情報提供などを通じて、患者がその権利を的確に行使できる条件作りをしていきます。
 これらを通じて、患者のための医療、患者の権利が十分に尊重される医療、市民の人権が保障される医療が実現されるよう活動していきます。

活動
例えば、以下の活動を行っていきます。

 (1) 医療問題等についての調査・研究・提言等
 医療に関する問題や政策に関して、患者のための医療、患者の権利、医療における市民の人権を尊重する医療の観点から、調査・研究等を行い、提言・意見表明等を行います。

 (2) 患者にとっての参考資料の作成・発表等
 患者が医療を受ける際に参考になるものの作成・発表等をしていきます。

 (3) 研究会、セミナー、シンポジウム等
 適宜、研究会、セミナー、シンポジウム等を開催します。

 (4) 情報交換、意見交換等
 各種テーマにつき、情報交換、意見交換等を行っています。
 そのための部会として、現在、以下のものを設置しています。
 *医療事故部会(使用メーリングリスト pm-jiko)(医療事故に関する問題を対象とします。)
  詳しくは、右をクリックしてください。 医療事故部会
 *出産事故部会(使用メーリングリスト osan-ml)(出産事故に関する問題を対象とします。)
  詳しくは、右をクリックしてください。 出産事故ネット(OSAN)
 *医療の質部会(使用メーリングリスト pm-shitsu)(医療の質に関する問題を広く対象とします。なお、医療事故や患者の権利も、医療の質に関係しますが、医療事故や患者の権利に即した問題については、それぞれのメーリングリストで扱います。どこに投稿するとよいのかがわかりにくい場合は、pm-shitsuに投稿していただいて結構です。
  詳しくは、右をクリックしてください。 医療の質部会
 *患者の権利部会(使用メーリングリスト pm-kenri)(患者の権利に関する問題を対象とします。自己決定権、インフォームド・コンセント、カルテなど診療情報の開示、患者のプライバシーなどの問題が対象となります。)
  詳しくは、右をクリックしてください。 患者の権利部会

 (5) 会員への情報提供
 会員向けの情報発信用のメーリングリスト pm-is (Information Service)を利用して、会員(正会員・賛助会員)の希望者に、速報的情報提供を行っています。医療事故、医療の質、患者の権利、医療制度などに関する速報です。1日につき、平均8通ぐらいのメールを配信しています。
なお、著作権に配慮しています。なお、このメーリングリストは、本ネットから会員への情報発信専用です。

 (6) 会員著作等に関するサービス(略称 MWS:Member's Work Service)
 会員の著作等で著者又は出版社の了解が得られたものにつき、会員(正会員・賛助会員)からの申込みにより、一定の条件の下で、無償配布、優待販売、FAXサービスなどをします。

 (7) 会員へのイフ・アイ・サービス(略称 IIS:"If I"Service)
 IIWY:「もしも、私があなただったら」(If I were you)という言葉があります。
 会員が、医療機関や治療法などの選択に関する問題、医療事故など医療についての法的問題などについて、困ったり悩んでいたりするときに、 pm-jimu2@yahoogroups.jp あてにEメールをいただいたら、会員の中の回答担当者が「もしも、私があなただったら、こうするだろう」ということを答える仕組みです。
 なお、回答担当者が忙しいとき、問題状況の理解が困難なときなどは、回答できないことがあることをご了承ください。
 詳しくは、右をクリックしてください。 イフ・アイ・サービス

定款
 右をクリックしてください。  定款

役員など紹介
 役員や研究員の紹介です。右をクリックしてください。 役員など紹介

Q&A
 PMネットについてのQ&Aです。右をクリックしてください。 Q&A

入会案内
 右をクリックしてください。 入会案内


医療事故部会
 上をクリックしてください。

出産事故部会:出産事故ネットML
 上をクリックしてください。

医療の質部会
 上をクリックしてください。

患者の権利部会
 上をクリックしてください。