特定非営利活動法人 患者のための医療ネット(PMネット) 医療の質部会 

               2002.8.31開設 2005.10.18最終改訂 
since 2002-08-31

部会紹介
 医療の質に関する問題についての検討、情報交換、意見交換等を行います。(なお、医療事故も医療の質に関係しますが、医療事故の問題は医療事故部会で扱います。)
 使用メーリングリストは、pm-shitsu です。座長(管理者・司会者)は、小澤邦寿研究員(医師)です。
 部会の構成・運営等について理事会により変更されることがあります。実名での参加を原則としています(理事会がやむをえないと判断した場合には筆名で参加できます)。
 正会員は、現在のところ、入会時に原則としてこの部会に登録しています。
 賛助会員は、申込みによりこの部会に参加することができます。なお、言わば「顔が見える場」での意見交換等を予定していますので、参加後は、あいさつメールの投稿のほか、積極的な発言をお願いします。
 申込先は、pm-jimu2★yahoogroups.jp(★の部分が@になります。) (会員の氏名、メールアドレス、参加したい部会名を明記してください。) です。

基礎資料の紹介

 以下のサイトは参考になると思います。
◆財団法人日本医療機能評価機構
 http://www.jcqhc.or.jp/html/
の中の、
◆病院機能評価について
 http://www.jcqhc.or.jp/html/assessment.htm
◆認定病院一覧
 http://www.jcqhc.or.jp/html/listindex.htm

以下の本は参考になると思います。
●米国医療の質委員会・医学研究所(医学ジャ−ナリスト協会訳)『医療の質 −谷間を越えて21世紀システムへ』
 (日本評論社 2002年7月 \3,200(税別))
 http://aserve.procen.net/nippyo/books/bookinfo.asp?No=1907

 日本の臨床レベルや研修レベルが低いことは、アメリカで臨床教育を受けた日本の医師が書いたものとして、例えば、
●桑間雄一郎『裸のお医者さまたち―名医と迷医の見分け方』(ビジネス社、2001年6月)
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9974882680
●田中まゆみ『ハーバードの医師づくり 最高の医療はこうして生まれる』(医学書院、2002年3月)
 http://www.igaku-shoin.co.jp/prd/00090/0009029.html
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975575811
などを読めば、よくわかります。

 そのほか、EBM(Evidence Based Medicine)や診療ガイドラインについては、以下が参考になります。
●EBMジャーナル(中山書店)
 http://www.nakayamashoten.co.jp/ebm/latest/index.htm
◆診療ガイドライン情報(医療改善ネットワーク)
 http://www.mi-net.org/mq/guideline.html

 なお、日本経済新聞の病院アンケート(http://health.nikkei.co.jp/byoin/)の結果として、以下のものがあります。
◆医療の質の向上に対する取り組みについて
 http://health.nikkei.co.jp/byoin/quality.cfm